お電話またはメールにてお問合せください
一般内科、腎臓内科、人工透析内科
mail : tulip-clinic@minamiaoyama-medical.com
〒107-0062 東京都港区南青山7-8-8-101

03-6805-1836
院長ブログ

秋も深まりましたね!

私は朝寝坊なのです。いつも、急いでクリニックに到着することばかり考えています。、

周りの風景など見る余裕もありません。

ところが、数日前、何気に広尾ガーデンヒルズの通りを通っているときに、

初めて上を見上げて、枯葉を観賞しました。

いつもより気持ちに余裕があったのかもしれません。

赤・黄色の枯葉が朝日に輝いて見えました。本当に秋、真っ只中だと実感しました。

今年も、あとひと月あまりで終わってしまうと思うと、何気に切なくなりました。

2年前に切なく哀しい歌を作りました。水曜日に勤務している春陽苑の苑長青山さんが作詞して、

私がその詞を少し手直しさせて頂き、作曲させていただきました。

この秋の季節に、ぜひ、”ぎんなん”を聞いていただきたいです!!

・・・・・・・・・・・

ぎんなん      詞:あおやま えせい  作曲:すずき たかこ

① 秋も深く風も冷たい 黄金色の葉を払いのけ

腰を下ろして 遠い日のことを 思い出すの

あなたは外国の詩の話をして

ぎんなん葉は2枚の葉が一緒になったのだと

裂けて二つになったのではなく一緒になって輝くと

② 秋も深く風も冷たい いつもの場所に腰をおろし

あなたはさびしく 都会に行くと言いました

いつかはぎんなんの葉のように 一緒になって黄金に輝くのだと

ふたりの約束の目印に 対でうえました

私はあれから約束の目印を 忘れないように 大切に育みました

いつしか白い髪でも ぎんなんの葉は黄金に輝いています

③ 秋も深く風も冷たい 今では外国の詩を忘れ

あなたが話したぎんなんの葉のことも 思い出せません

すでに治らない病だと 言われました

あなたのことを思い出したくても思い出せません

だれかにぎんなんの実はいちょうに良いと言われました

私はあれからこの場所のことも 忘れてしまいました

でも何気なく来てしまう

この場所で今も ぎんなんの葉は黄金に輝いています

・・・・・・・・・

本当に、木枯らしが寒く、インフルエンザやカゼが流行ってくる季節です。

温かくしてお過ごしいただきたいです。十分な睡眠も大切ですよネ!  鈴木孝子